民間資格のセラピスト


仕事を辞めたい、仕事を変えたいと思う時は
誰しもあることですが、今までとは劇的に異なる世界に飛び込む
或いは、そういった新規開拓という意味で
独立をすることも決して誤った判断ではないと思います。
そこで一つご紹介させていただきますが
女性に人気なのがアロマセラピーなどの癒し系資格。

このセラピーで働く人のことをセラピストと呼びますが
セラピストは資格を持っていなくても
店舗を経営することはできますし、そこで働くこともできます。

ただ、セラピーやテラピーと呼ばれるものをお客さんに
施す時にはそれなりの知識がなければなりません。

「ならない」というのは法律や条例などで決められているという意味ではなく
そうしなければお客さんを集めることができず、仕事にならないということ。
なので民間資格であっても持っておけばお客さんにそれを示すことができ
お店を構える上でも働く上でも有利になることは間違いありません。

セラピストやそれに関連した民間資格認定試験や検定試験などを行っている団体としては
公益社団法人の日本アロマ環境協会や日本アロマコーディネーター協会
ナード・アロマテラピー協会などがあります。

日本アロマ環境協会ではアロマテラピー検定やアロマセラピストなどの資格を用意。
これは一般的なものとなっており、女性の多くが認知しているかもしれません。
日本アロマコーディネーター協会では
アーユルヴェーディックアロマセラピー検定などを用意。

ナード・アロマテラピー協会ではアロマ・セラピストや
アロマ・インストラクターなどの資格を用意しています。

他にもフィトセラピーインストラクターなどがある
日本フィトセラピー協会などが知られていますが
このように挙げていくとキリがないほどあるのもこの分野の民間資格。

適当に取得を目指すのではなく
それぞれの資格の内容を見極めた上で選ぶようにしましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ