CADの資格は独学可?

「CAD利用技術者試験」とは、聞いたことはあっても
どんな資格で有用性について知らない方も多いはず。

かなり専門的なCAD利用技術・知識を要求される資格の1つであることは間違いありません。
これを取得できる方は、そう多くありません。
それだけかなりの勉強をしなければならないのが分かります。

独学ともなれば、その難易度はますます高まり、より合格率は低くなります。

ただ 難易度が高いですが業界での認知度は非常に高いので有名です。

1級の試験は、「建築系」「機械系」に分けられており、より専門性を求められる内容となっています。
では誰でも受けることが可能なのか?
受験資格には、「誰でも受験可能」とありますが
基本的には、CADを利用した建築やプリント基板
機械的な部品など、設計に関する技術が一定の高いレベルに達していることが求められます。

【試験内容】

基礎問題は多肢選択方式(正誤方式)で50分
筆記試験は インターネット利用の学科試験で「CADシステムの基礎知識と利用」
「間報セキュリティと知的財産」などが出題されます。

実技試験ですが1級トレースは、筆記試験で「トレース業務分野の基礎的な専門知識」
「図記号・略号」、実技における難関の試験においては
「トレース」「図面修正」「レイヤ設定」

1級機械は、筆記試験で「機械製図の基礎知識」
実技試験で「機械部品の作図」 「投影図からの作図」
「適切な数値からの作図」

1級建築は筆記の長時間の試験で 「建築製図の基礎知識」「建築生産の電子情報」
実技試験で「RC造(平面図、矩形図)」「木造(断面図、立面図)」が出題されます。
このほか、級数によって出題傾向が異なりますので、事前にしっかりチェックしておきましょう。
独学で挑戦するのは難しいので、合格率が高く
あなたにぴったりのスクールを見つけてみてはいかがですか。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ