管理栄養士の給料≪難易度など≫

管理栄養士は国が認める唯一の栄養関連の国家資格。
高齢化や生活習慣病増加に伴い、管理栄養士の必要性や重要性はますます高まるばかりです。
資格を取得すれば、栄養管理・指導のプロとして活躍することが可能です。

資格名称管理栄養士
受験資格栄養士の資格を所持していて、栄養士の修業課程と実務経験年数を合わせて、5年であること
試験内容9科目で、内容は、社会・環境と健康、人体の構造と機能および疫病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論
合格率48%~50%
就職後の平均年収平均年収は、300万円~400万円
この資格のポイント管理栄養士を推す理由は、栄養のプロであり、病気の人や健康に恵まれていない人を助け、健康の人がさらに健康になり、長生きに貢献できるため、世間の人たちが、人生を健やかに生きていく手助けをしているという実感を得やすい仕事だからです。
 また、多方面で活躍できるというのもあります。具体的には、病院、老人ホーム、スポーツジムなどがあります。
 病院では、糖尿病患者の人や高血圧の患者の人に、栄養の指導を行う業務があります。病院食はおいしくないというイメージがありますが、食事を楽しめるように、和食、洋食、魚など栄養バランスを考えた上での献立を考えたりします。
 老人ホームでは、栄養のケアや、介護施設などの場合、介護予防の栄養相談にも乗ります。老人の方は食物を咀嚼する力や飲み込む力が弱いので、食べやすくやわらかいように調理をしたりします。
 スポーツジムでは、メタボ対策(太りすぎ対策)やスポーツの栄養管理に携わります。また、現役アスリートへの指導も行います。
 さらに、フードコーディネーターという肩書で、独立して、テレビなどのメディアに登場し、栄養や食事に関する本の執筆活動を行うこともできます。
 そして、、管理栄養士の資格は、一生、有効です。管理栄養士の資格所持者は、ほぼ女性ですが、普通の会社だと、いったん、退職して、仕事に復帰するのは、大変です。しかし、管理栄養士の資格を持っていれば、その資格を生かせば、仕事に復帰しやすいともいえます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ