歯科助手の資格

以外と知られていませんが、日本には歯科医院が非常に多く
飽和状態とさえ言われていますが、職業的には相変わらずの人気です。

ところで皆さんは歯医者さんに行った時に先生の他に
看護師さんのような格好をした女性がいるのを目にしたことがあるでしょう。

恐らくその人たちは歯科助手です。中には女医さんもいらっしゃいますが。

キレイな女性が多い印象ですが、あの職業に憧れを抱く女の子もいるのではないでしょうか。
資格を取るのも、過度に難しいわけではなく、安心してトライしても問題は皆無であると考えます。

歯科助手には資格を取得すればなれるのか
と考えるかもしれませんが、そんなことはありません。

歯科助手とは違いますが
歯科衛生士は国家試験を受けてパスしなければ就くことができないお仕事。

この歯科衛生士のお仕事は患者さんに対して歯科予防処置・保健指導
診療補助などの歯科医療業務を行う専門職になります。

歯科衛生士の活動の場は、歯科医院が中心ですが
他にも保育所・幼稚園、学校、保健所・市町村保健センター、企業、そして介護老人保健施設など
地域にも大きく広がりを見せる非常に安定した職業です。

そのため、歯科衛生士を一生の仕事としてライフワークにする人が増えています。

さて話を戻しますが歯科助手は国家資格どころか自治体による資格の交付もありません。
つまり、求人冊子や求人サイトなどで募集がかけられていれば
誰でも応募することができてしまうのです。

もちろん年齢制限など、歯科医院によって定められた条件を
クリアしなければなりませんが、その他に免許などを持っている必要はありません。

ただ、歯科医院で働くのは結構大変だという声が多いのも事実。

助手ですから実際的な虫歯の治療や歯に詰め物をするといった行為は医療行為にあたるので
医師以外はできませんが、医師が行う治療の補助をしなければなりません。

専門用語や歯科医とはどんな世界なのかを
知っていなければ容易に務められるお仕事ではないでしょう。

ということで、民間の資格を取得する人が増えているようです。

これはそれぞれが独自に作り上げたシステムや内容によって講義などを行い
歯科助手として働く為の知識を身につけるというもの。

なのでそれぞれの民間団体によって学べる内容に差はありますが
本気で歯科医院で働きたいと思っているなら一度勉強しておいてもいいでしょう。
通信で学べる講座もありますし、知識を身につけてムダになることはないはずです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ