接遇検定≪難易度≫

転職を思い立ち資格を取得されている方が増えています。

やはり昔のように終身雇用などが崩壊した今の時代に
未来のない会社にいつまでも居続けるのはリスクといえるでしょう。

やはり思い立ったら吉日、資格の資料請求などをして、積極果敢に行動しましょう。

ところで転職の資格でも人気のサービス接遇検定とは飲食や販売業などのサービス接遇の際の
言葉遣いや適切な応対の方法、その他サービス接遇に関する専門知識に関する資格です。

サービス業自体この資格がなくてもその職業に就くことは可能ですから必須と言うわけでは
ありませんが、この資格を取得する事でサービス業界への就職や転職はしやすくなりますし
給与アップにもつながります。

またこの検定は意味があるのかと思われる方も多いようですが
他の人が無意味と思っているからこそ、ここに目をつけ差別化を図るのが重要です。

やはり接客の重要性を理解していると面接の際にも
面接官に好印象を与えるのは間違い有りません。

準1~3級、1~3級と細かく分かれていて2級と3級はマークシート方式ですが
1級は記述式と面接も入ってくるので、難易度もやはりかなり違ってきます。

企業によってはこの資格を取得する事を推奨している所もあり、就職した時点で
この資格を取得する事を勧められる事もありますが、大抵は自分の能力向上や
自己研鑽の為に受ける方が多い資格で
サービス業界を極めたい方にお勧めな資格の一つです。

単に物を売るだけでなく、お客様と直に接触する職業の方にも有効な資格ですので
他店との差別化を図りたい経営者の方も受験される方も多いです。

ただ、サービス業界は企業によってのマニュアルが存在したりする事も多く
この資格を取得したからと言って
どのサービス業でも仕事をこなせるというわけではなく
やはり経験や実力が物をいう業界でもあるのでしっかり実務を積む必要があるでしょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ