技術系業界への転職

技術系の資格で、最も難易度が高いといわれているのは「
電験一種」「技術士」だといわれています。
続いて「電気通信主任技術者」「電験二種」「公害防止管理者」などが
上位にランクインしているようです。

こういう専門職は難しいからこそ、取得までの道のりは長いですが
取得してしまえば、安定したキャリアを得られます。

技術系の資格は、事務系の資格に比べて、テキスト中心の対策では不十分な点があります。

とにかく技術を問われる資格を取得するには
その分野の専門家に直接指導してもらえる環境に身を置くことが大切です。

通信教育ではなく、実技指導の充実しているスクールを選んで
知識と技術のどちらも習得するようにしましょう。

また、技術系の資格では、物理や数学の知識が求められる傾向が高いのがポイントです。

これらの分野に苦手意識のある方は、勉強を続けていくのが難しいかもしれません。
もちろん苦手だなと思うものに本気で資格取得を
目指すモチベーションは湧いてこないかもしれませんが
合う合わない、向き不向きは誰にでもあります。

何かに向いているということは何かに不向きなのであって
これをしたいということよりも、これが得意というジャンルに突き進むのが良いでしょう。

このほか、「電通主任」「エネ管」「放射線取扱主任者(1種)」「高圧ガス(甲種」」
ここで挙げたものは、需要の拡大が見込まれるので、是非ガンバッテ取得したいものですよね。
しかしもっと少数のものを取得したいという方は次に挙げるもののおすすめ。
「機械設計技術者1級」「ビル管」「情報セキュアド」「二級建築士」「冷凍機械(1種)」
「ボイラー特級」「公害防止(大気1種)」「測量士」、「電験三種」など
就職に結びついているような資格がたくさんあります。
あなたがなりたい職業、職種に最適な資格取得を目指してみてはいかがですか?

コメントは停止中です。

サブコンテンツ